カラコン選びに迷ったらランキングから選出しよう

ベースカーブを知る

コンタクト

含水率を知るのも大切

初めてカラコンを利用する場合、人気カラコンランキングは参考になります。しかし、ただランキングを鵜呑みにするだけではいけません。ランキングで上位につけているカラコンの基礎知識をつけたうえで、自分に合ったカラコンを選ぶことが大切です。カラコンのパッケージに必ず記載されている、BC、DIA、着色直径、含水率という用語があります。これは、カラコンに関する大切な情報なので、意味を知っておくようにしましょう。まず、BCはベースカーブのことで、レンズのカーブ度合いを表しています。日本人の平均的な数値は8.5、8.6、8.7などの数値で示され、数字が小さいほどカーブがきつく、大きいほどゆるくなります。目のカーブとレンズのカーブが合っているほど、着け心地も良くなるので、眼科で自分のベースカーブを測定してもらうと良いでしょう。次に、DIAとは、レンズの直径を示す数値です。ナチュラル系のレンズなら14.0ミリ、盛り度が大きいレンズは、14.5ミリが一般的です。レンズが大きいほど、角膜への負担が大きくなるため、長時間着用するなら、小さめのものを選ぶのが無難です。着色直径は、レンズの色がついた部分の直径です。13.1ミリ以下は、裸眼とほとんど同じぐらいのサイズで、13.2ミリから13.4ミリはナチュラルなぱっちりした瞳、それ以上のものは、でかめサイズとなります。含水率は、レンズに含まれる水分量の割合で、低含水率と高含水率のものがあります。低含水率のレンズは乾燥しにくく、高含水率のレンズは、角膜に酸素がいきわたるものの、乾燥しやすいという特徴があります。これらの基礎知識を踏まえたうえで、ランキングサイトを上手に利用し、ぴったりのカラコンを選びましょう。